醍醐寺の桜

世界遺産で秀吉が愛した花の醍醐で多彩な桜を堪能する

醍醐寺の桜
国宝・五重塔としだれ桜が境内を彩る
画像提供:醍醐寺

駅から徒歩10分と近い、京都の「さくら名所100選」スポット。山上の上醍醐と山麓の下醍醐からなる、山全体を寺域とした真言宗醍醐派の総本山。貞観16(874)年に弘法大師の孫弟子にあたる聖宝理源大師によって開創された。平安時代から「花の醍醐」と呼ばれる桜の名所で、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど、約1000本に及ぶ桜が咲き誇る。豊臣秀吉が晩年、贅を尽くした「醍醐の花見」を行ったことでも知られ、毎年4月第2日曜には、「醍醐の花見」の故事にならい「豊太閤花見行列」が催される。

  • 今日 33℃24℃
  • 明日 34℃22℃

醍醐寺の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 3月下旬~4月上旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり
夜桜・ライトアップ なし
不可
桜祭り あり
4月14日(日)豊太閤花見行列 [問合せ先:醍醐寺075-571-0002] ※毎年4月第2日曜に開催
売店 あり
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 開園・閉園時間 9:00~17:00 ※受付終了は閉門60分前
12月第1日曜の翌日~2月末日は9:00~16:30 ※受付終了は閉門60分前
料金 拝観料(通常期) 大人800円、中高生600円 拝観料(春期・秋期) 大人1500円、中高生1000円 ※小学生以下無料。春期3月20日~5月15日、秋期10月15日~12月10日 ※行事によって変動あり ※三宝院・伽藍・霊宝館共通、上醍醐は別途入山料が必要

スポット情報

スポット名 醍醐寺
住所 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22MAP
交通アクセス 【電車】京都市営地下鉄醍醐駅から徒歩10分。JR・近畿日本鉄道・京都市営地下鉄京都駅から京阪バスに乗り醍醐寺前下車すぐ 【車】阪神高速道路山科出入口から約15分。名神高速道路京都東ICから約20分
お問い合わせ1 075-571-0002 (9:00~17:00)
駐車場 ○ 普通車1000円/5時間、大型車2000円/5時間
普通車約100台、大型車約8台。15:45入場終了(12月第1日曜の翌日~2月末日は15:15入場終了)
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。