【桜・見頃】毘沙門堂

宸殿前の樹齢150年を超えるシダレザクラ

【桜・見頃】毘沙門堂
画像提供:毘沙門堂
※ 本ページ記載の内容は昨年度の内容です。情報は順次更新中です。

京都市山科区にある天台宗の寺院で、「天台宗京都五門跡」の一つで、毘沙門天をご本尊に祀っているので、毘沙門堂と言う。703年に行基が開いた、出雲寺がその前身と言われている。宸殿前には樹齢150年を超えるシダレザクラがあり、30mの枝張りは支え木に支えられながらも古木の堂々たる姿。3月末から4月上旬が見頃だ。本堂の脇にはソメイヨシノ、一切経蔵の前にもシダレザクラなど50本の桜が咲く。

  • 今日 12℃3℃
  • 明日 13℃3℃

【桜・見頃】毘沙門堂 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月上旬~4月中旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜鑑賞 不可
桜祭り あり
2018年4月8日(日)花まつり・観桜会[問合せ先:075-581-0328]
売店 あり
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開演・閉園時間 開園・閉園時間
8:30~17:00(受付終了は16:30まで)
料金 大人 500円/子供 300円

スポット情報

スポット名 毘沙門堂
住所 京都府京都市山科区安朱稲荷山町18MAP
交通アクセス 【電車】JR・地下鉄東西線・京阪京津線山科駅から徒歩20分 【車】名神高速京都東ICから約10分
お問い合わせ1 075-581-0328 
駐車場
※掲載情報は2018年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。