隨心院の桜

このページをスマホで見る

京都府京都市山科区

小野小町ゆかりのお寺で梅と桜を愛でる

正暦2年(991年)に創建された真真言宗善通寺派の大本山。後堀川天皇の頃から門跡寺院になり、現在の諸堂は慶長年間以降に再建されたもの。小野小町が余生を送った場所と伝えられ、境内には小町化粧井戸、文張地蔵、恋文を埋めた文塚はじめ、ゆかりの史跡が残る。小野梅園が梅の名所として有名だが八重桜しだれ桜山桜などの桜も楽しめる。遅咲きの「はねずの梅」と桜を愛でることができるのは、このお寺ならでは。

見どころ

小野梅園は、2024年3月9日(土)~24日(日)の期間開催。入場料300円(小学生以下無料)で楽しむことができる。また、はねず踊りは3月31日(日)11時、12時30分、13時30分、15時の計4回公演。料金大人1000円、中学生800円(拝観・梅園入園料含む)。

  • ※現在の開花状況や花見イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

※行ってみたい・行ってよかったランキングは前年度までの投票結果も一部反映した得票数になっております

京都府の行ってみたいランキング 京都府の行ってよかったランキング
  • 今日 26℃16℃
  • 明日 19℃15℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

桜名所・お花見スポット一覧に戻る

※掲載情報は2024年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

表記に関する説明

隨心院の桜・お花見Q&A

隨心院の桜の見頃時期はいつからいつまで?満開になるのはいつ?

例年の見頃時期は3月下旬4月上旬

隨心院の桜のその他の詳細情報を見る

隨心院の桜の見どころは?

見どころは、小野梅園は、2024年3月9日(土)~24日(日)の期間開催。入場料300円(小学生以下無料)で楽しむことができる。また、はねず踊りは3月31日(日)11時、12時30分、13時30分、15時の計4回公演。料金大人1000円、中学生800円(拝観・梅園入園料含む)。

隨心院の桜のその他の詳細情報を見る

隨心院の桜を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】京都地下鉄東西線小野駅から徒歩5分 【車】高速京都東ICから約10分。

隨心院の桜の地図・アクセス情報を見る

隨心院の桜で見られる桜の種類は?

八重桜山桜しだれ桜が見られる。

隨心院の桜のその他の詳細情報を見る

隨心院の桜:駐車場はある?

〇 30台

隨心院の桜の地図・アクセス情報を見る

京都府の桜名所・お花見スポットを探す

関西の桜名所・お花見スポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。