【桜開花予想2020】西・東日本の桜は開花ラッシュ!各地でいよいよ満開へ

(2020年3月25日更新)

ウェザーニューズは3月24日、「第七回桜開花予想」を発表した。今年のソメイヨシノの開花は、3月14日に1953年の観測開始以来、最も早い開花を記録した東京(靖国神社)からスタート。開花の早かった関東では今週いよいよ満開を迎え、西・東日本でも開花ラッシュ。例年(過去5年平均)よりやや早い~早い開花となる予想だ。東北や北陸では記録的な早さとなるところが多くなりそうな一方、暖冬の影響で九州南部ではつぼみの休眠打破が遅れ、開花時期は例年よりやや遅くなると見られている。

全国主要都市の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)
全国の桜名所の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

桜の開花時期に大きく影響するのが、休眠に入った花芽が再び生長をはじめる「休眠打破」。桜の花芽は気温の高い夏から秋にかけて作られ、冬になると一旦休眠。真冬に一定期間、厳しい寒さにさらされることで花芽が休眠から目覚め、開花に向かう。

桜の開花と気温の関係
つぼみの生長ランク

ウェザーニューズが全国3539本の桜(うちソメイヨシノ2766本)で行った「全国つぼみ調査」によると、関東から近畿にかけては例年並の開花となった昨年と同じかやや早いペースで生長が進んでいる一方、九州や中国・四国では昨年よりやや遅いペースという結果に。暖冬の影響が大きい九州や中国・四国では、昨年と比べると生長にやや遅れが見られている。

全国の桜の生長状況(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

【北海道】桜前線は4月下旬に上陸!札幌は4月23日開花予想

北海道の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

北海道では、桜の開花は例年並となるところが多く、昨年とほぼ同時期となる予想。「全国つぼみ調査」では「先がピンクに」なったつぼみが現れるなど変化が出始めている。

桜前線は4月下旬に道南へ上陸し、5月中旬にかけて道北や道東へ北上。4月22日に函館で、23日に札幌で開花し、4月末に満開を迎える見込み。全国で最も開花が遅い釧路方面でも5月上旬に咲き始め、中旬にかけて満開を迎える予想だ。

【東北】東北南部はまもなく開花!記録的に早い開花に

東北地方の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

東北は例年並かやや早い開花となるところが多い見込み。「全国つぼみ調査」では、北部で「半分以上が緑に」なったつぼみが現れ始め、南部では「花びらが見えた」開花目前のつぼみが増え、つぼみの生長が進んでいることがうかがえる。

3月26日開花予想の福島から開花が始まり、27日に仙台、4月5日に山形と続き、4月中旬にかけて開花エリアが広がっていく予想。南部では3月末、北部では4月中旬から満開の桜を楽しめそうだ。弘前公園(青森県)は4月14日に開花し、19日に満開を迎える見込みだ。

【関東】見頃エリアが拡大!週末にかけて各地で満開へ

関東地方の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

3月14日に東京で観測史上最速の開花を記録した関東地方。各地で続々と開花を迎え、例年より早い開花となったところが多くなった。22日には東京で観測史上2番目に早い満開が発表された。今週(3月第4週)は前半に寒の戻りがあるものの、後半にかけて暖かく、関東各地で今週満開を迎えるところが多い見通しだ。

【中部】岐阜で桜の開花がスタート!3月末から各地で満開へ

中部地方の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

中部では3月21日に岐阜で、22日に名古屋と甲府で桜の開花がスタート。まだ咲いていない桜は例年並か早い開花の見込みで、開花が目前となっているところが多い。昨年は開花直前の寒の戻りによって開花が遅れた長野では、昨年より大幅に早い開花となる予想で、北陸でも記録的な開花の早さとなりそうだ。週末からは雨が降り気温の低い日があるものの寒さが緩むと再び開花が進み、東海では3月末に、北陸では4月初めに満開となる見込み。高遠城址公園(長野県)でも4月2日に満開となる予想となっている。

【近畿】3月第4週に開花ラッシュ!3月末から各地で満開へ

近畿地方の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

3月22日に京都、和歌山で桜の開花がスタートし、23日に大阪が続いた近畿地方。今週(3月第4週)後半は春本番の暖かさとなり、3月26日開花予想の彦根などで開花ラッシュを迎える予想だ。その後は気温がアップダウンするものの開花は順調に進み、開花時期は例年・昨年よりやや早いか早い予想となっている。3月末から各地で満開を迎え、嵐山(京都府)では3月30日に満開となる見込みだ。

【中国・四国】山陰・山陽・四国ともに開花!3月末から各地で満開へ

中国・四国地方の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

中国地方では3月22日に広島で桜の開花がスタートし、23日に松江、鳥取、そして四国では高松が続いた。今週(3月第4週)は開花ラッシュとなり、3月末から各地で満開を迎え、平和記念公園(広島県)では3月30日に満開となる見込みだ。

【九州】北部は開花ラッシュ!南部は暖冬の影響で開花に遅れ

九州地方の桜開花予想(情報は2020年3月24日発表 / ウェザーニューズ)

九州では3月21日に福岡で桜の開花がスタート。23日に佐賀、熊本が続いた。「全国つぼみ調査」では、前回より「先がピンクに」や「花びらが見えた」開花目前のつぼみが増えたものの、昨年と比較すると、南部を中心に生長のペースにはやや遅れが見られている。開花時期は北部で例年・昨年並となるところが多く、暖冬の影響が大きい南部では例年・昨年より遅い予想だ。特に鹿児島では例年の開花日より一週間遅い4月1日に開花する見込み。開花の早かったところは3月末から満開を迎え、舞鶴公園(福岡県)では3月29日に満開に。南部でも4月上旬に満開になる見通しだ。

今回の発表はあくまで、現段階での予想。ウェザーニューズは今後も開花予想を更新していくので、最新の予報に目を向けておこう。また、スマホアプリ「ウェザーニュース」やウェザーニュースウェブサイト「さくらCh.」では全国のお花見名所800カ所の最新見解も公開中だ。新型コロナウイルスの影響で、各地で桜まつりやイベント中止の発表が相次いでいるため、合わせてチェックしたい。一年に一度の桜の季節。春の訪れをぜひ感じよう!

周辺のエリアから桜名所・お花見スポットを探す

詳細情報

■桜開花予想の最新見解はこちら!(さくらCh / ウェザーニュース)
https://weathernews.jp/s/sakura/


ウォーカープラス公式Twitterアカウント


情報は2020年3月26日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報

春のおでかけにおすすめ