広島県の桜・花見が楽しめる公園 おすすめ10選

広島県

寒さも和らぎはじめ、今年も到来する桜のシーズン。コロナ禍で引き続き注目が高まっているのが、人と距離を取りながら楽しめる公園の桜。そこで今回は、広島県の桜が見られる公園の中から「ウォーカープラス・花見特集」でアクセス数の多かった人気の10スポットを紹介。2022年の花見スポット探しの参考にしてみて。(集計期間:2022年6月23日~2022年6月25日)

※イベントが中止になっている場合があります。また、開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

正福寺山公園の桜/広島県東広島市

正福寺山公園の桜
ソメイヨシノが美しく咲きほころぶ画像提供:安芸津町商工会

安芸津駅の北東にある小高い丘一帯が正福寺山公園。穏やかな瀬戸内海を一望できる風光明媚な公園で、天気が良ければ四国の山も見ることができる。約1200本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所として知られ、桜の開花時期には多くの花見客で賑わう。

【見どころ】箱庭のような瀬戸内の美しさも楽しむことができる公園。午後になるとお日様が海と島を正面から照らすため、鮮やかな多島美が目の前に広がる。

【例年の見頃】3月下旬~4月中旬

平和記念公園の桜/広島県広島市中区

平和記念公園の桜
旧太田川沿いに続くソメイヨシノの並木画像提供:広島市

広島市の中心部にあり、世界平和を願う人々の聖地として親しまれている、川と緑に囲まれた美しい公園。約300本のソメイヨシノが咲き誇る。河川では雁木タクシーや河川遊覧船に乗って花見とリバークルーズを楽しむこともできる。

【例年の見頃】3月下旬~4月上旬

音戸の瀬戸公園の桜/広島県呉市

音戸の瀬戸公園の桜
桜が咲き誇る街並みと真紅の大橋画像提供:呉市観光振興課

平清盛が夕日を招き返し、難工事を完了させたという伝説の残る景勝地。真紅の2つの橋、音戸大橋と第二音戸大橋が架かり、空と海の青と真紅のアーチ橋がマッチした景観が楽しめる。園内には桜約2300本が植えられ、桜のシーズンは多くの人で賑わう。

【見どころ】第二音戸大橋の音戸側には、2本のアーチ橋を模した歩道橋、通称、第三音戸大橋が架かり、歩道橋の上からは音戸の瀬戸や2本の橋を一望できる絶景スポットとして親しまれている。

【例年の見頃】3月下旬~4月上旬

江波山公園の桜/広島県広島市中区

江波山公園の桜
花びらが5枚~13枚と多様なヒロシマエバヤマザクラを見ることができる画像提供:広島市中区役所

「ヒロシマエバヤマザクラ」とは、ここ江波山公園に咲く山桜の大木のこと。通常の山桜の花びらが5枚なのに対して、ヒロシマエバヤマザクラは5枚~13枚と多様。全国でも類を見ない珍しい品種で、広島市天然記念物に指定されている。満開時には淡いピンク色の花がびっしりと咲く。

【見どころ】例年、3月下旬~4月上旬が見頃となっている。

【例年の見頃】3月下旬~4月上旬

比治山公園の桜/広島県広島市南区

比治山公園の桜
瀬戸内海を一望しながら桜を鑑賞できる画像提供:南区役所

比治山公園は小高い丘の上にあり、ここから広島市内や瀬戸内海を一望できる。例年4月上旬頃、ソメイヨシノを含めた約1300本の桜が美しく咲き誇る。園内は23:00から翌5:00まで人、車両とも立入り禁止のため注意が必要。

【見どころ】展望台や現代美術館(改修工事中)、まんが図書館、散策路などを取り巻く緑と彫刻があり、一日中楽しめる。

【例年の見頃】3月下旬~4月上旬

福山城公園の桜/広島県福山市

福山城公園の桜
福山城をより引き立てる桜画像提供:福山観光コンベンション協会

1619年に水野勝成が築城した福山城。天守閣や国の重要文化財である伏見櫓・筋鉄御門など城部建築があり、城跡は国の史跡として保存されている。春になるとソメイヨシノなど、約300本の桜が彩る。

【見どころ】隣接するJR福山駅から下車せずに桜が楽しめる。2022年3月18日(金)~4月7日(木)の期間は、18:00~21:00までライトアップが行われる。

【例年の見頃】3月下旬~4月上旬

上野公園の桜(広島県)/広島県庄原市

上野公園の桜(広島県)
美しい桜の道を通ることができる画像提供:庄原観光推進機構

江戸時代はじめに沼を改修して造られたといわれる上野公園。上野池を中心にした「日本さくら名所100選」の地。散歩しながら池の水面に映る桜も楽しむことができる。

【見どころ】2022年4月10日(日)開催の「庄原さくらフェスティバル」では、ステージイベントや出店などが楽しめる。 ※新型コロナウイルス感染症の今後の状況次第では、開催時間の短縮や開催中止などの可能性があります。

【例年の見頃】4月上旬

ひろしま遊学の森 広島県緑化センター さくら通りの桜/広島県広島市東区

ひろしま遊学の森 広島県緑化センター さくら通りの桜
ソメイヨシノの並木画像提供:ひろしま遊学の森 広島県緑化センター

標高390m、125万平方メートルの山の中に位置する公園で、野生、植栽を含め約60品種800本の桜が見られる。正面ゲートからおよそ3kmのレストハウス周辺から100mにわたって桜並木がある。品種は、早咲きの寒桜河津桜をはじめ、スタンダードなソメイヨシノや、八重紅枝垂をはじめとするしだれ桜、また遅咲きの八重桜である関山、普賢象、御衣黄などがある。市街地よりも見頃が1週間程度遅く、例年3月下旬から4月下旬までの間に多くの人々が訪れる。

【見どころ】2022年のさくら祭りの期間は3月19日(土)~4月17日(日)で、ソメイヨシノの満開時期の4月3日(日)には「さくら祭りお楽しみイベント」と題したイベントが行われる。詳細は公式サイト等を参照。【※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、イベント等が中止になる可能性があります。詳細は公式サイト等でご確認ください】

【例年の見頃】3月下旬~4月下旬

広島市植物公園の桜/広島県広島市佐伯区

広島市植物公園の桜
夜桜の美しさは圧巻画像提供:広島市植物公園

広島と宮島の中ほどの瀬戸内海国立公園を一望する高台にある植物公園。園内には約70品種、約250本の桜が植えられており、3月中旬から咲き始め、4月中旬頃まで楽しめる。また期間中は様々なイベントも開催。2022年3月26日(土)、4月2日(土)、4月9日(土)の夜は、20:00まで開園時間を延長し(入園は19:30まで)ライトアップが行われ、コンサートや夜桜を堪能することもできる。

【見どころ】3月26日(土)から4月17日(日)まで開催のさくらまつりでは桜観賞会(先着20名)、さくら写真撮影講習会(先着20名)など各種イベントが行われる。

【例年の見頃】3月下旬~4月中旬

桂公園の桜/広島県廿日市市

桂公園の桜
歴史のある桜の木々画像提供:はつかいち観光協会

1914(大正2)年に開園した、廿日市市で最も古い公園。桜尾城主である桂元澄の子孫、桂太郎公爵が桜尾城址を永久保存するため、当時の廿日市町に寄贈したことから桂公園と名づけられた。桜の名所としても知られ、園内には樹齢半世紀近い桜など約120本が咲き誇る。

【見どころ】毎年4月上旬から4月中旬が見頃で、多くの花見客が訪れる。

【例年の見頃】4月上旬~4月中旬

※新型コロナウイルス(COVID-19)などの関係により、今年の桜・花見情報、観覧情報に変更が生じる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【エリア別】桜・花見が楽しめるおすすめ公園ピックアップ

広島県の桜名所・お花見スポットを探す

中国の桜名所・お花見スポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。