宗忠神社の桜

このページをスマホで見る

京都府京都市左京区

逆立ちした二匹の狛犬がお出迎え

1862(文久2年)に黒住教の教祖黒住宗忠を祀る社として創建された神社。創建以来、孝明天皇の勅願による天下泰平の祈念を始め、時代を経て今日まで数多くの祈りが捧げられており、開運長久のご神徳の神社として親しまれている。正参道の入り口には、全国でも珍しい、備前焼の逆立ちの狛犬が両側に据えられている。境内へと続く長い階段の脇には、ソメイヨシノが何本も連なっているため、春は桜のトンネルで有名。階段の下から見上げたり、上から見下ろしたりいろいろな風景を楽しめる。頂上からは、真如堂の三重塔に大文字山を眺めることができ、京都ならではの春景色を堪能できる。

見どころ

おすすめの散策ルートとして、宗忠神社の勅使門から吉田山を散策するルートがある。吉田神社を始め、山頂公園や自然を感じながら散策できる。また、正参道より真正極楽寺(真如堂)や金戒光明寺をまわるルートは、歴史だけでなく桜や紅葉といった四季の彩りも楽しめて人気がある。

  • ※現在の開花状況や花見イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

※行ってみたい・行ってよかったランキングは前年度までの投票結果も一部反映した得票数になっております

京都府の行ってみたいランキング 京都府の行ってよかったランキング
  • 今日 11℃3℃
  • 明日 14℃1℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

桜名所・お花見スポット一覧に戻る

※掲載情報は2024年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

表記に関する説明

宗忠神社の桜・お花見Q&A

宗忠神社の桜の見頃時期はいつからいつまで?満開になるのはいつ?

例年の見頃時期は3月下旬4月上旬

宗忠神社の桜のその他の詳細情報を見る

宗忠神社の桜の見どころは?

見どころは、おすすめの散策ルートとして、宗忠神社の勅使門から吉田山を散策するルートがある。吉田神社を始め、山頂公園や自然を感じながら散策できる。また、正参道より真正極楽寺(真如堂)や金戒光明寺をまわるルートは、歴史だけでなく桜や紅葉といった四季の彩りも楽しめて人気がある。

宗忠神社の桜のその他の詳細情報を見る

宗忠神社の桜を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】JR京都駅から市バス206系で京大正門前停留所下車。市バスは、最寄りの停留所が京大正門前、銀閣寺道、銀林車庫、岡崎道。各停留所下車、徒歩20分。

宗忠神社の桜の地図・アクセス情報を見る

宗忠神社の桜で見られる桜の種類は?

ソメイヨシノしだれ桜が見られる。

宗忠神社の桜のその他の詳細情報を見る

宗忠神社の桜:駐車場はある?

〇 参拝者は無料
周辺観光・長時間駐車の場合は有料

宗忠神社の桜の地図・アクセス情報を見る

京都府の桜名所・お花見スポットを探す

関西の桜名所・お花見スポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。