法金剛院の桜

ヒガンザクラ系のベニシダレザクラ変種の待賢門院桜

法金剛院の桜
画像提供:法金剛院

平安初期、右大臣清原夏野が建てた山荘が前身で、平安末期に鳥羽天皇の中宮、待賢門院が再興し寺名を法金剛院と定めた。国の特別名勝である浄土式庭園は四季折々の景観が人々を楽しませている「関西花の寺二十五ヶ所」の一つ。その苑池の端に立つ待賢門院桜はヒガンザクラ系のベニシダレザクラ変種で待賢門院のゆかりの品種といわれる。花の色が紫色にも見えるので紫の桜の別名もある。

  • 今日 29℃22℃
  • 明日 28℃20℃

法金剛院の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 3月下旬~4月中旬
※日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ なし
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 受付時間 9:00~16:00
料金 大人500円、小・中・高・障害者300円
備考 休日:12月30日、31日

スポット情報

スポット名 法金剛院
住所 京都府京都市右京区花園扇野町49MAP
交通アクセス 【電車】JR花園駅から徒歩3分 【車】名神高速道路京都南ICから約30分
お問い合わせ1 075-461-9428 
駐車場 ○ 20台 無料
※掲載情報は2019年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。