清澄庭園の桜

明治を代表する庭園で花見を楽しむ

清澄庭園の桜
園内でいちばん最後に見頃を迎えるサトザクラ。
画像提供:公益財団法人東京都公園協会

泉水、築山、枯山水を主体に、全国の名石を池の周囲に配した回遊式林泉庭園。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものだが、明治時代の造園にも受け継がれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたと言われている。園内では3月初旬のカンヒザクラの開花から始まり、4種類の桜が時期をずらしながら順々に開花していく。自由広場にあるサトザクラは4月下旬頃に見頃を迎え、遅めの花見を楽しめる。

  • 今日 32℃24℃
  • 明日 31℃22℃

清澄庭園の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 3月上旬~4月中旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり
夜桜・ライトアップ なし
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
料金 一般150円 65歳以上70円 小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料 ※5月4日(みどりの日)、10月1日(都民の日)は無料公開日

スポット情報

スポット名 清澄庭園
住所 東京都江東区清澄3-3-9MAP
交通アクセス 【電車】都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅A3出口より徒歩3分
お問い合わせ1 03-3641-5892 受付時間(9:00~17:00)
駐車場 ×
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。