江戸総鎮守 神田明神の桜

このページをスマホで見る

東京都千代田区

歴史ある境内で桜を眺める

約1300年の歴史をもつ、江戸の総鎮守・神田明神。境内施設文化交流館では日々さまざまな催しが行われ、多くの参拝者が訪れる。ご社殿は1934(昭和9)年の建築。当時としては珍しい鉄骨鉄筋コンクリート造りで、戦後には地域復興の象徴として人々の支えとなった。隔年5月に行われる神田祭は、日本の三大祭として盛大に斎行される。【2024年の桜祭りは未定です。詳細は公式サイト等でご確認ください】

見どころ

境内には多数の桜が植えられており、開花時期になると隨神門や千代田区指定有形文化財の神田の家などと共に、桜を楽しむことができる。

  • ※現在の開花状況や花見イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

※行ってみたい・行ってよかったランキングは前年度までの投票結果も一部反映した得票数になっております

東京都の行ってみたいランキング 東京都の行ってよかったランキング
  • 今日 23℃11℃
  • 明日 25℃11℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

桜名所・お花見スポット一覧に戻る

※掲載情報は2024年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

表記に関する説明

江戸総鎮守 神田明神の桜・お花見Q&A

江戸総鎮守 神田明神の桜の見頃時期はいつからいつまで?満開になるのはいつ?

例年の見頃時期は3月上旬3月下旬

江戸総鎮守 神田明神の桜のその他の詳細情報を見る

江戸総鎮守 神田明神の桜の見どころは?

見どころは、境内には多数の桜が植えられており、開花時期になると隨神門や千代田区指定有形文化財の神田の家などと共に、桜を楽しむことができる。

江戸総鎮守 神田明神の桜のその他の詳細情報を見る

江戸総鎮守 神田明神の桜を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】JR・東京メトロ御茶ノ水駅、東京メトロ新御茶ノ水駅から徒歩5分。東京メトロ末広町駅から徒歩7分。JR秋葉原駅から徒歩10分 【車】首都高速道路都心環状線神田橋出入口から約7分。

江戸総鎮守 神田明神の桜の地図・アクセス情報を見る

江戸総鎮守 神田明神の桜で見られる桜の種類は?

ソメイヨシノしだれ桜が見られる。

江戸総鎮守 神田明神の桜のその他の詳細情報を見る

江戸総鎮守 神田明神の桜:駐車場はある?

〇 無料
駐車場若干数のみ。近隣有料駐車場を利用

江戸総鎮守 神田明神の桜の地図・アクセス情報を見る

東京都の桜名所・お花見スポットを探す

関東の桜名所・お花見スポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。