コロナ禍で3度目の桜シーズン、お花見の予定「あり」が過半数に。第6波でもお花見意向は増加

全国

コロナ禍で迎える桜のシーズンは今年で3度目。従来通りのお花見がしづらい状況が続くなか、ウォーカープラスが実施したアンケートでは、今年お花見の予定が「ある」と回答した人が54.2%と過半数を占めた。昨年はワクチン接種が進んだ一方、年明け以降はオミクロン株による「第6波」と呼ばれる感染の急拡大が続くなか、お花見の動向はどう変化しているのか。昨年の調査結果とも比較し、2022年のお花見事情を追った。

コロナ禍での花見シーズンは3度目。今年の動向をアンケート調査
コロナ禍での花見シーズンは3度目。今年の動向をアンケート調査スムース / PIXTA(ピクスタ)

※2022年の調査はウォーカープラス編集部が2022年3月2日~7日、読者1882人にアンケートフォームにて実施。2021年調査結果はウォーカープラス編集部が2021年2月19日~25日、読者751人にアンケートフォームにて実施したもの

今年のお花見は「気を付けながら行う」人が増加傾向

昨年のアンケート実施時、花見の予定が「ある」人は37.5%、「ない」人は49.5%、「未定」が13%という割合だったが、今回の調査では2021年に実際にお花見をした人は全体の35.1%という結果に。予定を決めかねていた層のほとんどが、昨年はお花見を控えた形といえそうだ。

昨年お花見をした人は35.1%
昨年お花見をした人は35.1%ウォーカープラス調べ


そのうえで2022年の花見の予定を聞いたところ、回答では「感染症拡大防止に気を付けながら行う」が52.2%と過半数を占め、昨年から16.4ポイント増加。

【グラフで見る】今年のお花見の予定は?
【グラフで見る】今年のお花見の予定は?ウォーカープラス調べ

「感染症は特に気にせずに花見をする」(2.0%)と合わせると、今年花見の予定がある人は全体の54.2%にのぼった。2021年の回答では「花見はしない」が49.5%と最も多かったが、今年は27.8%で、21.7ポイント減少。昨年とは逆転の形となった。

また、今年「花見はしない」と答えた人の内、60.2%の人がその理由に「新型コロナウイルス感染症拡大防止のため」を挙げ、引き続きコロナ禍の影響がうかがえる。

お花見をする人の感染症対策は?
お花見をする人の感染症対策は?ウォーカープラス調べ

一方、「感染症拡大防止に気を付けながら行う」と答えた人に対策を聞くと、「マスクは必須」(96.6%)、「大きな公園には行かず、人がいなさそうな公園に行く」(44.5%)、「休日など人が多そうなタイミングは避けて、平日の夜などに行く」(44.5%)という声が返ってきた。

周辺のエリアから桜名所・お花見スポットを探す

詳細情報

■2021年のアンケート記事はこちら
https://hanami.walkerplus.com/topics/article/1022512/

■全国の「公園」にある桜名所・お花見スポットはこちら
https://hanami.walkerplus.com/list/ss0013/
情報は2022年3月9日 16:30時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。