三千院門跡の桜

国宝の阿弥陀仏と美しい庭園の三千院

三千院門跡の桜
画像提供:三千院

三千院門跡(三千院)は、8世紀に最澄によって開かれた、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。青蓮院、妙法院と並んで、天台宗の三門跡寺院の一つ。国宝の藤原時代の阿弥陀如来像などが安置されている。美しい庭園をもち、四季を通じて多くの観光客が訪れる。シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約100本の桜が咲き誇る。特に奥の院のシダレザクラは有名だ。

  • 今日 35℃26℃
  • 明日 31℃24℃

三千院門跡の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月中旬~4月下旬
※日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ なし
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 12~2月9:00~16:30、3~10月9:00~17:00
料金 拝観料:一般700円、中学生・高校生400円、小学生150円

スポット情報

スポット名 三千院門跡
住所 京都府京都市左京区大原来迎院町540MAP
交通アクセス 【電車】JR京都駅から京都バスC3乗り場、17系統大原行で約90分 大原下車徒歩10分 【車】名神高速道路京都東ICから約60分
お問い合わせ1 075-744-2531 
駐車場 ×
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。