建長寺の桜

神奈川県鎌倉市

国重要文化財の山門に続く参道に桜のアーチが咲き誇る

北鎌倉の閑静な谷間に位置する、建長5年(1253)に創建された日本最初期の本格的な禅寺。境内には国宝の梵鐘をはじめ重要文化財の諸堂が並ぶ。拝観受付の総門から重要文化財「三門」までの参道の両脇にはソメイヨシノの古木が並び、桜のアーチが参拝者を楽しませている。また、境内にはオカメザクラ、シダレザクラ、境内奥半僧坊へと向かう参道の桜など、さまざまな桜が咲き誇り華やかな雰囲気に包まれる。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

神奈川県の行ってみたいランキング 神奈川県の行ってよかったランキング
  • 今日 14℃7℃
  • 明日 15℃10℃

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

※表示料金は消費税10%ないし8%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※掲載情報は2020年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

神奈川県の桜名所・お花見スポットを探す

関東の桜名所・お花見スポットを探す