浜離宮恩賜庭園の桜

桜そよぐ浜御殿

潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園で江戸時代は江戸城の「出城」としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園。11代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成した。明治維新後は皇室の離宮となり、名称も浜離宮となった。昭和20年(1945年)に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年から一般公開。昭和27年11月には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定された。

見どころ

ソメイヨシノの見頃は3月下旬~4月上旬、八重桜の見頃は4月中旬となっているため、3月下旬~4月中旬まで色とりどりの約26種、100本の桜を楽しめる。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

  • 今日 13℃5℃
  • 明日 18℃7℃

浜離宮恩賜庭園の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 3月下旬4月中旬
夜桜・ライトアップ なし
桜祭り なし
開園・閉園時間 9:00~17:00(最終入園16:30) 9:00~18:00(入園は17:30まで)。春の開園時間延長3月20日(金・祝)~4月5日(日)、ゴールデンウィーク4月29日(水・祝)~5月6日(水・祝)9:00~18:00(入園は17:30まで)。
おすすめスポット 中の御門周辺のソメイヨシノ、潮入の池周辺
料金 一般 300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)【20名様以上の団体】一般240円、65歳以上120円※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料。※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)【年間パスポート】発行日から1年間ご利用いただけるお得なパスポート一般 1,200円、65歳以上600円
備考 酒類の持ち込みは禁止。公衆トイレは「だれでもトイレ」もあり。観光バスや障害者手帳を持参者は園内見学時のみ駐車が可能

スポット情報

スポット名 浜離宮恩賜庭園
住所 東京都中央区浜離宮庭園1-1 MAP
アクセス 【電車】<大手門口>都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩 7分JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩 12分 <中の御門口>都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10出口 徒歩 5分 JR「浜松町」下車 徒歩 15分
お問い合わせ 03-3541-0200 浜離宮恩賜庭園サービスセンター(9:00~17:30)
駐車場 ×
大型バスまたは車椅子・障害者の方のみご利用いただける駐車スペースあり。(入園中に限り利用可、無料、予約不可)一般車両は駐車不可。最寄の公共駐車場あり。
HP 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※表示料金は消費税10%ないし8%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※掲載情報は2020年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

東京都の桜名所・お花見スポットを探す

関東の桜名所・お花見スポットを探す

桜名所・お花見ガイド

おすすめ情報

春のおでかけにおすすめ