青葉ヶ丘公園の桜

このページをスマホで見る

北海道茅部郡森町

100年以上の古木の他、世界に1本だけの希少品種も

大正3年開設の歴史ある公園。開設当時植樹されたソメイヨシノの一部は今でも春に元気に花を咲かせ、植栽から100年を迎えるという。なお桜は突然変異をおこした枝を挿し木で育て1品種とすることもあるため、園内には森小町(モリコマチ)、青葉枝垂(アオバシダレ)といった世界に1本だけの固有種が存在する。その他、御衣黄(ギョイコウ)、鬱金(ウコン)など黄緑色の花を咲かせる珍種も見られる。【2023年の「もりまち桜まつり」の開催は未定です。詳細は公式サイト等でご確認ください】

見どころ

例年4月下旬から咲き始め、5月下旬までの長い期間、桜を楽しむことができるのも特徴のひとつ。2023年4月29日(祝)~5月14日(日)18:00~22:00頃にはライトアップも行われ、夜桜が楽しめる。

  • ※現在の開花状況や花見イベントの開催情報は、事前に問い合わせ先までお尋ねのうえおでかけください。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

北海道の行ってみたいランキング 北海道の行ってよかったランキング
  • 今日 24℃12℃
  • 明日 19℃13℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

桜名所・お花見スポット一覧に戻る

※表示料金は消費税10%の内税表示です。
※掲載内容は取材時点の情報です。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
TwitterでシェアFacebookでシェア

表記に関する説明

表記に関する説明

青葉ヶ丘公園の桜・お花見Q&A

青葉ヶ丘公園の桜の見頃時期はいつからいつまで?満開になるのはいつ?

例年の見頃時期は4月下旬~5月中旬。ちなみに2022年は04/30~05/04頃満開になった。

青葉ヶ丘公園の桜のその他の詳細情報を見る

青葉ヶ丘公園の桜の見どころは?

見どころは、例年4月下旬から咲き始め、5月下旬までの長い期間、桜を楽しむことができるのも特徴のひとつ。2023年4月29日(祝)~5月14日(日)18:00~22:00頃にはライトアップも行われ、夜桜が楽しめる。

青葉ヶ丘公園の桜のその他の詳細情報を見る

青葉ヶ丘公園の桜を見に行くアクセス方法は?

交通アクセス:【電車】JR森駅から徒歩約15分【車】道央自動車道森ICから約3分。

青葉ヶ丘公園の桜の地図・アクセス情報を見る

青葉ヶ丘公園の桜で見られる桜の種類は?

ソメイヨシノ、御衣黄、鬱金、森小町、青葉枝垂が見られる。

青葉ヶ丘公園の桜のその他の詳細情報を見る

青葉ヶ丘公園の桜:駐車場はある?

〇 100台 基本無料、桜まつり歌謡ショー時料金発生予定、普通車(500円)、バス(1000円・当日専用駐車場開設)

青葉ヶ丘公園の桜の地図・アクセス情報を見る

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。