達谷窟毘沙門堂の桜

岩手県西磐井郡平泉町

北限の磨崖仏と樹齢450年の古木

境内全体が史跡に指定されている達谷窟毘沙門堂は、坂上田村麻呂公が毘沙門天を祀った岩窟で、赤い建物が印象的なお堂。窟毘沙門堂の西側の岩壁面の磨崖仏は北限の磨崖仏として名高く、現存している大仏の顔だけでも、16.5mの高さのところに彫られているのが確認できる。境内には、樹齢が450年と言われる古木のシダレザクラが見事だ。見頃は4月中旬から下旬で、平泉を訪れる観光客もわざわざ足を延ばして観賞に訪れる。

見どころ

4月29日(水)に行われる『観桜會(かんおうえ )』では、茶会、筝曲奉納、御神楽奉納、夜神楽などが披露される。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

岩手県の行ってみたいランキング 岩手県の行ってよかったランキング
  • 今日 15℃0℃
  • 明日 14℃3℃

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

※表示料金は消費税10%ないし8%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※掲載情報は2020年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。