天守閣をバックに咲き誇る桜は必見!滋賀県彦根市の国宝・彦根城の桜が見頃は?

滋賀県

滋賀県彦根市の彦根城で3月下旬から4月上旬にかけて桜が見頃を迎える。

国宝・彦根城と満開の桜は必見
国宝・彦根城と満開の桜は必見写真は主催者提供


彦根城は、徳川四天王にも数えられた井伊直政を祖とする彦根藩主・井伊氏14代の居城。琵琶湖に面した彦根山に1604年(慶長9年)から築城を開始し、約20年かけて完成した近世城郭だ。明治の廃城令や戦火を免れ、城全体の保存状態も良い彦根城は、天守と付櫓(つけやぐら)および多聞櫓(たもんやぐら)は国宝に、城跡は特別史跡に指定されている。

彦根城の桜は、昭和初期に観光のシンボルとしてソメイヨシノの苗木1000本が城内に植樹され、城内のいたるところで美しい花が咲き誇る。国宝の天守を借景にした桜は、さまざまな場所で楽しめるので、自分だけの桜写真を撮るのもおすすめだ。

【写真】お堀に映り込む桜や、屋形船から眺める桜もおすすめ
【写真】お堀に映り込む桜や、屋形船から眺める桜もおすすめ写真は主催者提供


ほかにも、お堀の水面に映り込むシンメトリーな桜や櫓の白壁に映える桜、天守閣内部から眺める桜など、いろいろなシチュエーションで桜の美しさを堪能できる。また、3月27日(土)から4月15日(木)のうち、開花期間中の18時から20時に桜のライトアップを実施。闇夜に浮かび上がる桜が幻想的な世界を創り出す。

なお、シーズン中は彦根城周辺で交通規制が実施され駐車場も込み合うため、公共交通機関の利用が推奨されている。

国宝・彦根城と桜の見事な共演を存分に楽しもう。

※入城券は、一般800円、小・中学生200円。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
一部屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒・除菌/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限/宴会禁止/ゴミの持ち帰り

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

周辺のエリアから桜名所・お花見スポットを探す

この記事で紹介された桜名所・お花見スポット

情報は2021年3月26日 11:30時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。

春のおでかけにおすすめ