円正寺のシダレザクラ

樹齢350年のシダレザクラは県下有数の名木

※2020年最新版の情報が届き次第更新します。
広島県の桜・お花見情報はこちらからご確認ください。

応永2(1395)年、伊達氏對馬が関東より木造弥陀尊を荷負い来て南村の馬場に道場を建立したのがはじまりという円正寺。創建より約600年、地域の念仏・聞法の道場として今も親しまれている。境内にある、江戸時代初期に植えたとされる樹齢350年のシダレザクラは山門脇にある県下有数の名木で、県の天然記念物に指定されている。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

  • 今日 16℃2℃
  • 明日 15℃7℃

円正寺のシダレザクラ イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月中旬~下旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ あり
桜祭り なし
開園・閉園時間 24時間

スポット情報

スポット名 円正寺のシダレザクラ
住所 広島県庄原市高野町新市875 MAP
アクセス 【電車】JR備後庄原駅から車で50分 【車】松江自動車道高野ICから5分
お問い合わせ 0824-86-2113
駐車場 〇 15台
※表示料金は消費税10%ないし8%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※掲載情報は2020年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。

桜名所・お花見ガイド

おすすめ情報

春のおでかけにおすすめ