歴史的建造物と桜の調和した景色、和歌山県岩出市の根來寺の桜の見頃はいつ?

和歌山県

和歌山県岩出市にある新義真言宗 総本山 根來寺で3月下旬から4月上旬にかけて桜が見頃を迎える。入山料は、大人(中学生以上)500円、子供は無料。

高さ40メートル、幅15メートルの木造では日本最大の多宝塔「大塔」と桜
高さ40メートル、幅15メートルの木造では日本最大の多宝塔「大塔」と桜写真は主催者提供


根來寺は大阪市内から車で約60分・関西空港から約30分ほどの和歌山県北部にある新義真言宗の総本山。高野山の高僧・覚鑁(かくばん)上人が、1132年(長承元年)に学問探究の場である「伝法院」として建立。戦国時代には大きな勢力を備えていた根來寺は、豊臣秀吉に攻め入られて大塔・大師堂などの2~3の堂塔を残して全山焼失した。

徳川の世になってから復興が許され、現在は国宝で日本最大の木造の多宝塔「大毘廬遮那法界体性塔」(だいびるしゃなほっかいたいしょうとう)通称「大塔」のほか、重要文化財の本尊大日如来(だいにちにょらい)・金剛薩埵(こんごうさった)・尊勝仏頂(そんしょうぶっちょう)の三体が奉安されている。また、2019年には大伝法堂・光明真言殿・大門・不動堂・行者堂・聖天堂が新たに国宝に指定された。

【写真】聖天堂前にある聖天池に映り込む桜
【写真】聖天堂前にある聖天池に映り込む桜写真は主催者提供


およそ350万平方メートルの広大な境内には、ソメイヨシノやヤマザクラなど約7000本の桜が植えられ、春になると一斉に開花する。歴史的な建造物と桜の調和する景色が参拝者の目を楽しませてくれる。

「日本さくら名所100選」にも選ばれた根來寺の桜で春を満喫しよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/マスク着用/混雑時の入場制限/宴会禁止/ゴミの持ち帰り

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

周辺のエリアから桜名所・お花見スポットを探す

この記事で紹介された桜名所・お花見スポット

情報は2021年3月26日 17:45時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。