荘川桜

移植された歴史を持つ約500年余の老桜

荘川桜
画像提供:荘川観光協会

2本の巨桜は、約500年余の老桜でいずれもアズマヒガンザクラ。岐阜県指定天然記念物である。ダム建設の際に移植された物語のある桜で、いまは湖底に沈む中野照蓮寺、光輪寺の境内にあった桜。移植など不可能だという声の中、関係者の尽力により不可能を可能にした桜として、荘川の人達から愛されている。

  • 今日 24℃13℃
  • 明日 21℃16℃

荘川桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月下旬~5月上旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ あり
可(満開時の3日間のみ)
桜祭り なし
売店 あり
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間

スポット情報

スポット名 荘川桜
住所 岐阜県高山市荘川町中野MAP
交通アクセス 【電車】JR高山駅から車で約55分 【車】東海北陸道白川郷ICから約40分、東海北陸道荘川ICから約15分
お問い合わせ1 05769-2-2266 ドライブインみぼろ湖
駐車場 ○ 30台
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報