飯山城址の桜

上杉謙信ゆかりの地で咲き乱れる桜を楽しむ

飯山城址の桜

上杉謙信が信濃侵攻の戦略拠点として築いた城で、現在は復元された門や土塁、石垣などに当時をしのぶことができる。階段式に郭を配した「後堅固の城」で、12年間の合戦にも信玄は攻め落とせなかったと言う。その後、上杉から武田へ、さらに織田、再び上杉へと、めざましく変わった。飯山を代表する桜の名所でもあり、4月中旬から5月上旬にかけて、多くのソメイヨシノやオオヤマザクラ、シダレザクラが咲き誇る。開花に合わせて「飯山城址さくらまつり」が開催され、夜桜も楽しめる。

  • 今日 29℃23℃
  • 明日 30℃23℃

飯山城址の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月下旬~5月上旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ あり
日没後にぼんぼりを点灯
桜祭り あり
問い合わせ先:飯山市商工会議所(0269-62-2162)
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間

スポット情報

スポット名 飯山城址
住所 長野県飯山市大字飯山2749MAP
交通アクセス 【電車】JR北飯山駅から徒歩約5分 【車】上信越自動車道豊田飯山ICから約15分
お問い合わせ1 0269-62-7000 信越自然郷 飯山駅観光案内所 8:30~18:00
駐車場 ○ 50台
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。