山高神代桜

日本最古・最大のエドヒガンザクラ

山高神代桜の桜
(社)北杜市観光協会

実相寺の境内に咲く、山高神代桜は、日本三大桜のひとつに数えられる。日本武尊が東夷征定の折りにこの地に留まり、記念にこの桜を植えたという伝承が名の由来となっており、その後、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」ともいわれている。樹高約10.3m、根回り約13.3m、推定樹齢2000年とも言われる、日本で最古・最大級のエドヒガンザクラで、国指定天然記念物に指定されている。

  • 今日 27.8℃-
  • 明日 27.1℃22.5℃

山高神代桜 お花見情報/アクセス

お花見情報

例年の見頃 4月上旬 ~ 4月上旬
夜桜観賞 なし
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間
休日 無休
料金 ※無料

アクセス情報

スポット名 山高神代桜
住所 山梨県北杜市武川町山高2763MAP
交通アクセス 【電車】JR日野春駅から車で約15分【車】中央道須玉ICから約15分中央道韮崎ICから約25分
駐車場 100台  500円/1回
お問い合わせ 0551-47-4747 一般社団法人 北杜市観光協会
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※桜の見頃やイベントの開催情報は気象条件等により前後する場合があります。ご利用の際は事前に主催者にお問い合わせください。

表記に関する説明

表記に関する説明

[PR] おすすめ情報