大善寺の桜

県内最古の木造建造物。甲州ぶどう発祥の寺

大善寺の桜
画像提供:大善寺

奈良時代僧行基により葡萄が薬として伝えられ、現在の「甲州ぶどう」となった(甲州ぶどう発祥伝説)。西暦718年創建。県内最古の国宝建造物「薬師堂」を有し、17体の重要文化財指定の仏像(平安初期の薬師三尊。鎌倉時代の日光菩薩・月光菩薩・十二神将)を所有。本尊の薬師如来(平安時代)は手に葡萄を持ちぶどう薬師、ぶどう寺と呼ばれる。住職が境内で葡萄栽培やワインの醸造を行っており、拝観料+300円で「グラスワイン拝観」も楽しめる。桜や紅葉、藤の花や紫陽花、菩提樹やなんじゃもんじゃの花等、四季折々の花も鑑賞できる。

  • 今日 37℃25℃
  • 明日 37℃26℃

大善寺の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月上旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ なし
不可
桜祭り なし
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 9:00から16:30
不定休
料金 拝観料 大人500円 小・中・高校生300円 団体20名以上300円

スポット情報

スポット名 大善寺
住所 山梨県甲州市勝沼町勝沼3559MAP
交通アクセス 【電車】JR中央本線 勝沼ぶどう郷駅からタクシー約5分 【車】中央自動車道勝沼ICから国道20号線東京大月方面、約2分
お問い合わせ1 0553-44-0027 大善寺 9:00から17:00
駐車場 ○ 30台 無料
拝観者のみ利用可能、拝観料をお支払いください。
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。