相馬随一の桜の名所、福島県相馬市の涼ヶ岡八幡神社の桜の見頃はいつ?

福島県

福島県相馬市にある涼ヶ岡八幡神社で、3月下旬から4月上旬にかけて桜が見頃を迎える。

相馬の桜フォトコンテスト優秀賞受賞作「橋の髪飾り」
相馬の桜フォトコンテスト優秀賞受賞作「橋の髪飾り」提供/相馬市観光協会


涼ヶ岡八幡神社は、建武年間(1334年~1336年)に創立後、1695年に相馬中村藩主の相馬昌胤(そうままさたね)公によって現在の社殿が造営され、境内が整備された神社。宮殿が壮美なことから、当時は「相馬日光」と称されたほか、2012年には本社殿7棟、本社の宮殿3基、摂社若宮八幡宮宮殿3基、本社拝殿に掲げられている扁額「八正宮」1面が国の重要文化財に指定されている。

涼ヶ岡八幡神社にはソメイヨシノが約150本植えられており、見頃の時期になると境内にある赤い太鼓橋周辺や参道が桜で埋め尽くされる。特に赤い太鼓橋と放生池を望める場所は絶景で、例年多くの観光客に親しまれている。

【写真】相馬の桜フォトコンテスト佳作「桜爛漫」
【写真】相馬の桜フォトコンテスト佳作「桜爛漫」提供/相馬市観光協会


また、桜の満開前後およそ10日間の期間は、日没から20時頃まで赤い太鼓橋から参道にかけて、両脇に並ぶ灯籠が点灯。夜桜を楽しむことができる。

相馬随一の桜の名所。涼ヶ岡八幡神社の桜を見てみよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒/マスク着用

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

周辺のエリアから桜名所・お花見スポットを探す
情報は2021年3月25日 08:00時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。

春のおでかけにおすすめ