秀吉由来の城と桜の見事な絶景、岐阜県大垣市の墨俣一夜城・犀川堤の桜の見頃はいつ?

2021年記事

岐阜県

この記事は2021年花見特集のものです。最新トピックスはこちら

岐阜県大垣市墨俣町の墨俣一夜城(すのまたいちやじょう)と犀川堤の桜が3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎える。

墨俣一夜城の周りにある犀川堤の桜並木が見頃
墨俣一夜城の周りにある犀川堤の桜並木が見頃写真は主催者提供


墨俣城は、1566年(永禄9年)、織田信長による美濃侵攻にあたって木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が、一夜にして築いたと伝えられている城のこと。城跡は公園として整備され、1991年(平成3年)に、大垣城の天守を模した墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)として開館。墨俣一夜城に関する貴重な資料や太閤・秀吉について学べる展示構成となっている。

墨俣一夜城とその周りを流れる犀川の堤防沿いに、約100本のソメイヨシノが植えられ約2キロの桜並木が続いている。墨俣一夜城を背景に咲き誇る桜は見事。写真映えすること間違いなしだ。

【写真】墨俣一夜城を背景にした桜景色は必見
【写真】墨俣一夜城を背景にした桜景色は必見写真は主催者提供


なお、例年はさまざまなイベントが実施される「すのまた桜まつり」が開催されるが、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため中止となっている。

飛騨・美濃さくら33選にも選ばれた、墨俣一夜城と犀川堤の桜景色を堪能しよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内(墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館))
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

周辺のエリアから桜名所・お花見スポットを探す
情報は2021年3月20日 17:30時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

岐阜県の桜名所・お花見スポットを探す

東海の桜名所・お花見スポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見た桜名所・お花見スポットページはありません。