金剛輪寺の桜

行基により開かれた古刹に咲く桜

金剛輪寺の桜
画像提供:天台宗金剛輪寺

741年、行基菩薩により開山された金剛輪寺は、鎌倉時代の代表的な和洋建造物として国宝に指定されている本堂をはじめ、三重塔、二天門、近江路随一とも言われる庭園など、国の名勝に指定されている。本堂には、重要文化財に指定される阿弥陀如来坐像や十一面観音立像などが安置されている。庭園は池泉回遊式庭園で、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、山桜が4月上旬から中旬にかけて次々と咲く。

  • 今日 22℃14℃
  • 明日 22℃14℃

金剛輪寺の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 4月上旬~5月上旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり
夜桜・ライトアップ なし
不可
桜祭り なし
売店 あり
ビール販売 あり
日本酒販売 あり
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 8:30~16:30
料金 拝観料 大人600円、子供200円

スポット情報

スポット名 金剛輪寺
住所 滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺874MAP
交通アクセス 【電車】JR稲枝駅からシャトルバスで15分 【車】名神高速道路彦根ICから20分、名神高速道路湖東三山スマートICから1分
お問い合わせ1 0749-37-3211 
駐車場 ○ 300台 無料
※掲載情報は2019年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。