白石城本丸広場の桜

宮城県白石市

白石城を囲み200本を超える桜が開花する

白石城(別名:益岡城、桝岡城)は、白石市の中心部(益岡公園)にあった平山城。仙台藩の南の要衝であり、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間、伊達家の重臣片倉氏の居城となった。明治7年に解体されましたが、伊達政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年に三階櫓(天守閣)と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元された。また、同敷地内にある「白石城・歴史探訪ミュージアム」では、片倉家ゆかりの品々などの展示しており、立体ハイビジョンシアター、白石市の特産品などを販売する売店、白石温麺などを味わえるレストランなどもある。

見どころ

桜まつりの期間中の夜はぼんぼりのもと幻想的な夜桜が楽しめる。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

宮城県の行ってみたいランキング 宮城県の行ってよかったランキング
  • 今日 12℃2℃
  • 明日 14℃6℃

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

※表示料金は消費税10%ないし8%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※掲載情報は2020年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。