霧島神宮の桜

鹿児島県・霧島市

四季折々の花が美しい霧島神宮

霧島神宮の桜

霧島神宮は、6世紀に僧侶慶胤により高千穂峰と御鉢の間に社殿が造られた。山岳信仰から始まったと言われ、建国神話の瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀っている。境内には、樹齢800年ともいわれる神木の杉があり、人々の信仰を集めている。また、3月下旬から4月初旬には、約200本あるソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラが咲く、桜の名所にもなっている。ソメイヨシノの後に咲く、拝殿を背景にしたシダレザクラが美しい。

  • 今日 32.7℃-
  • 明日 34.2℃24.3℃

霧島神宮 お花見情報/アクセス

お花見情報

例年の見頃 3月下旬 ~ 4月中旬
夜桜観賞 なし
桜祭り なし
売店 あり
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間
休日 無休

アクセス情報

スポット名 霧島神宮
住所 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5MAP
交通アクセス 【電車】JR霧島神宮駅から霧島いわさきホテル行きバスに乗り約15分、霧島神宮停留所下車徒歩5分 【車】九州自動車道溝辺鹿児島空港ICから国道504号・県道60号線経由約40分、または九州自動車道えびの高原ICから約35分
駐車場 600台  無料
お問い合わせ 0995-57-0001
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※ 表示料金は消費税8%内税表示です。
※桜の見頃やイベントの開催情報は気象条件等により前後する場合があります。ご利用の際は事前に主催者にお問い合わせください。

表記に関する説明

表記に関する説明

[PR] おすすめ情報