金刀比羅宮の桜

神職と巫女の行列が桜馬場を優雅に参進

金刀比羅宮の桜
画像提供:金刀比羅宮

古くから“さぬきのこんぴらさん”として親しまれている海の神様。本宮では毎年4月10日に桜花祭が開催される。神職と巫女の行列が満開の金刀比羅宮の桜の名所である桜馬場を参進する様子はとても優雅。宮内の桜はおよそ3500本ある。参道の両脇には、県ならではの土産や名物のうどんの店などが並んでいる。周辺には、旧金毘羅大芝居(金丸座)や高灯籠など見どころも多い。これまで映画のロケ地に幾度もなっていることから足を運ぶ人もいる。

  • 今日 31℃23℃
  • 明日 29℃24℃

金刀比羅宮の桜 イベント情報/アクセス

桜名所・お花見情報

例年の見頃 3月下旬~4月上旬
日付は例年の見ごろ。気象条件により前後する場合あり。
夜桜・ライトアップ なし
不可
桜祭り なし
2019年4月10日(水)桜花祭(さくらさい)[問合せ先:社務所0877-75-2121]
売店 なし
ビール販売 なし
日本酒販売 なし
公衆トイレ あり
開園・閉園時間 24時間

スポット情報

スポット名 金刀比羅宮
住所 香川県仲多度郡琴平町892-1MAP
交通アクセス 【電車】JR琴平駅から徒歩20分 【車】高松自動車道善通寺ICから約15分(金刀比羅宮石段登り口)
お問い合わせ1 0877-75-2121 
駐車場 ×
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。