絶景桜に思わず息を呑む……東京都の桜名所ランキングTOP5をご紹介!

東京も本格的に桜が開花。ポカポカとした春の陽気に誘われて、この休日はお花見したい!と思っている人も多いのでは?

今回は「ウォーカープラス・花見特集2018」でアクセス数の多かった東京都の桜名所ランキングTOP5(2018年3月30日時点)を紹介。この時季にだけ楽しめる絶景桜を、全身で体験してみよう!

【第1位】目黒川の桜 / 約800本のソメイヨシノが咲き競う

川沿いのソメイヨシノがうっとりするほどキレイ

1位に輝いたのは目黒川。池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)までの約4キロメートルの川沿いの両岸には約800本のソメイヨシノが咲き競う。夜になるとボンボリの灯りに照らされた夜桜が楽しめる他、満開の時期に合わせてイベントも開催。

【第2位】千鳥ヶ淵公園の桜 / 皇居のお濠の両岸に続く枝ぶりの良い桜並木

【写真を見る】ランキング第2位、千鳥ヶ淵公園の桜。水面に映る桜の姿も美しい

最寄駅から5分の距離にある、都内でも有数の桜の名所。皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館にはさまれる場所に位置し、ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜が花開く。区画の指定や火器類の使用禁止など、花見の際にはルールが決められているので要確認。

【第3位】六義園 / 流れ落ちる滝のようなシダレザクラは必見

期間限定でライトアップされる夜桜も必見

徳川第5代将軍・綱吉の信任が厚かった、川越藩主・柳沢吉保が7年の歳月をかけて造り上げた回遊式築山泉水庭園。六義園のシンボル的存在のシダレザクラは高さ約15メートル、幅約20メートルあり、薄紅色の花が流れ落ちる滝のように咲き誇る。

【第4位】隅田公園 / 墨田区側に343本、対岸の台東区側にも約600本の桜

夜には園内の桜がライトアップされて幻想的な雰囲気が広がる

江戸時代に8代将軍・徳川吉宗が桜を植えたのが始まりで、墨田区側に343本、対岸の台東区側にも約600本の桜が植えられている。駅から近く、隅田川の両岸を約1キロメートルにわたって桜並木が続き、東京スカイツリーとのコラボレーションを楽しめる。

【第5位】上野恩賜公園の桜 / 約800本の桜が園内を彩る

近くには美術館や博物館、動物園などもあって子供から大人まで楽しめる

上野の山は、江戸時代から桜の名所として知られ、四季を通じて自然を存分に満喫できる。桜は天海僧正が吉野山から移植させたといわれ、公園中通りを中心に約800本の桜が園内を彩る。

東京で満開桜が楽しめるのも残りわずか。この週末は家族・友達・カップルで誘い合わせて出かけよう!

詳細情報

■目黒川
住所:東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9付近
交通アクセス:東京急行電鉄池尻大橋駅すぐ。東京急行電鉄・東京メトロ中目黒駅から徒歩2分。JR目黒駅から徒歩5分

■千鳥ヶ淵公園
住所:東京都千代田区麹町1-2から一番町2
交通アクセス:東京メトロ半蔵門駅5出口から徒歩5分

■六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
交通アクセス:JR駒込駅から徒歩7分

■隅田公園
住所:東京都墨田区向島
交通アクセス:東武鉄道・東京メトロ浅草駅から徒歩5分。都営地下鉄本所吾妻橋駅から徒歩7分【車】首都高速道路6号向島線向島出口から約5分

■上野恩賜公園
住所:東京都台東区上野公園5-20
交通アクセス:JR・東京メトロ上野駅から徒歩5分。京成電鉄京成上野駅から徒歩3分【車】首都高速道路1号上野線上野出口から約5分

★ウォーカープラス花見特集もチェック! ⇒https://hanami.walkerplus.com/

情報は2018年3月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。