小原の四季桜

愛知県豊田市

春と秋の年2回花を咲かせる珍しい桜

名古屋から約1時間、瑞浪から約30分の場所にある豊田市小原地区は、四季桜、小原和紙、歌舞伎で知られ、自然豊かな美しい風景が広がる。四季桜は春と秋の年2回花を咲かせる全国的にも非常に珍しい桜で、マメザクラ×エドヒガンの種間雑種と考えられ、白や淡紅色の花をつける。小原地区内には約1万本の四季桜があるが、中でも1200本が植栽された「川見四季桜の里」がおすすめ。秋に比べて春の開花は控えめで、木の枝先に花が咲く程度だが、淡い色の可憐な花がさわやかな季節の到来を告げる。秋の開花期は紅葉の見頃と重なり、四季桜の淡いピンクと、真っ赤な紅葉、そして周辺の木々の緑が織りなす景観が広がり、自然の神秘を間近に感じられる。

※このイベントに「行ってよかった」人は、ボタンを押してみんなにオススメしよう!

※「行ってみたい」「行ってよかった」の投票は、24時間ごとに1票、最大20スポットまで可能です

愛知県の行ってみたいランキング 愛知県の行ってよかったランキング
  • 今日 16℃10℃
  • 明日 15℃12℃

同じ条件の桜名所・お花見スポットを探す

※表示料金は消費税10%ないし8%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。
※掲載情報は2020年1月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※掲載されている画像は施設管理者、もしくは取材先から花見特集への掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。